新亜光学工業株式会社ってどんな会社?

>

国内で活躍する新亜光学工業について

この記事をシェアする

新亜光学工業の成り立ち

国内で活躍する生産業でも、新亜光学工業はまだ若い企業です。この企業は今から約20年前に創業した生産業で、本社は東京都豊島区にあります。現在では韓国に現地法人、中国に支社を置いていて拠点を拡大しています。創業した当初から国内だけでは無く海外に拠点を置き、ワールドワイドに活躍している企業と言えます。働いているスタッフも日本人だけでは無く、様々な国の方がいます。よって働く場合は多言語に精通していると良いでしょう。

生産業と聞くと工場などでひたすら同じ作業をしているイメージがあります。新亜光学工業はODMといって開発や設計・生産はもちろんの事、流通や販売まで全て自社で行っています。その為、アナタがイメージする様な単純作業を繰り返すと言う点とは大きく異なります。ODMは全て自社で賄うのでユーザーのニーズに応えやすく、また中間マージンを不要とするのでコストが安くなるのが強みです。自社でGOサインを出さないといけないので、流通までに時間がかかってしまうのはネックとなります。

提供している製品とこだわり

完成品のデジカメ・光学製品・各種ケーブル・太陽電池。これらは全て新亜光学工業が提供している製品です。中でも光学製品はアジア圏から絶大な支持を受けていて、熱烈なファンも数多くいます。中国の提携工場では精密モールド・プレス製品や光学用のグリスの販売も行っています。

新亜光学工業を語るに当たって外せないのが光学製品です。シャッターや光の量を制御する装置だけでは無く、TDNユニットといって暗所でもはっきりと見える様にする装置もこの企業で開発しています。TDNユニットは一眼レフやスマホカメラはもちろんの事、防犯カメラにも内蔵されていてセキュリティ強化の面で役立っています。

新亜光学工業と言えば製品に対して徹底したこだわりを持っている事でも知られています。精密機器は衝撃や水に弱いだけでは無く湿度や震動からもダメージを受けます。輸入出をしている企業だからこそ、精密機器を安全に輸送出来るのです。他にも独自の厳しい基準を設けてユーザーの期待を裏切らぬ様努めています。